研修・セミナー

一般財団法人都市農地活用支援センターでは、皆様の業務のスキルアップにお役立ていただくよう 今年も研修・セミナーを開催いたします。
定例の年間スケジュールは下記のとおりです。
開催内容が確定しましたら、当ホームページで公開し、募集いたします。
奮ってご参加いただきますよう、ご案内します。

研修・セミナーの年間計画 (下記以外にも必要に応じて随時開催されます)

研修・セミナー名 時期 場所 内容
定期講演会 10月頃 首都圏 広く都市農地を利用・保全したまちづくりについて土地月間に合わせ開催
都市農地活用実践ゼミナール 2月頃 首都圏 都市農地等に係る税制、農住まちづくりの実践的な知識・ノウハウを幅広く身につけることをねらいとした研修


講演会・セミナー開催のお知らせ

『新しい都市農地活用研修会』 (西日本地区)
〜新たな都市農地制度、農の機能発揮支援アドバイザー派遣事業の活用〜
オンラインのみの開催となりました(2021.1.14)
約150名の皆様に視聴参加いただきました。
開催報告はこちら(PDF285KB)

 都市農業振興基本法の成立(2015)により、市街化区域及び周辺の農業・農地については、都市部における緑・環境、レクリエーション、防災等の多様な機能を有するものとしても評価され、都市農業振興基本計画(2016)では都市の農地は「宅地すべきものから都市にあるべきもの」へと政策転換が図られました。これらを受け、都市農業振興に関する地方計画の作成や三大都市圏特定市以外の都市においても生産緑地制度の導入が奨励され、都市緑地法改正(2017)でも農が緑として位置づけられる等、三大都市圏特定市以外の都市においても都市農業・都市農地に関する新たな取組が求められているところです。2020年には広島市や高知市において生産緑地制度が導入されています。

 そこで、このたび西日本地区の自治体担当者や農業関係者、専門家等を対象に、新しい都市農業・農地関連制度の活用に係る研修会及び農の機能発揮支援アドバイザー派遣事業の説明会(西日本地区)を開催させていただくこととなりました。

 当日は、農林水産省、国土交通省の担当官からの制度紹介、学識者による講演、事例都市からの報告を交え、都市農地活用にかかる最新情報を提供する予定です。また、ご要望に応じて一般財団法人都市農地活用支援センター 自治体政策支援室による個別相談も実施いたします。

 参加は無料です。下記の要領にてお申込みの上、是非ご参加ください。

フライヤー(PDF543KB)


■開催日時:2021(令和3)年2月2日(火)13:30〜16:30
■開催場所:オンラインのみの開催となりました
       広島国際会議場 中会議室コスモス
         (オンラインによる配信も実施)
   (広島県広島市中区中島町1-5)(アクセス案内)(GoogleMap)
■参加費用:無料(定員90名)+ オンライン(500名)
        (コロナ対応のため通常定員の半分以下とします)
■内容
 【第1部】 都市農地制度活用研修会
  「都市農業振興と地方計画の策定」、「生産緑地制度の導入」
  等をテーマに最新情報の紹介
  • 国による制度紹介
    • 農林水産省担当官
      (農林水産省 農村振興局 都市農村交流課 都市農業室)
    • 国土交通省担当官
      (国土交通省 都市局 都市計画課)
  • 学識者による講演
    • 田中 貴宏 氏
      (広島大学大学院 先進理工系科学研究科 教授)
  • 事例都市からの報告
    • 生産緑地制度導入都市より:広島市・JA広島市、高知市
 【第2部】 「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業説明会
  都市農業・農地機能発揮に資する取組み支援するアドバイザー派遣事業の説明と事例の紹介

 ※終了後、希望される方には当センター自治体政策支援室による個別相談をお受けします。(17時迄)

 ※当センター自治体支援室にて個別相談を常時受付しています。
  (オンラインで対応も可能です)

○研修会の詳細・フライヤーは、こちらです(PDF543KB)。

主催:一般財団法人 都市農地活用支援センター

近年の講演会・セミナー

●令和元年度・令和2年度の講演会・セミナーの概要を掲載しております。
 それ以前の講演会セミナーは過去の講演会セミナーページにて掲載しております

定期講演会2020
『農空間への市民ニーズの拡がり』

来場約70名、オンライン視聴約200名を超えるの参加を得て開催しました。
開催報告はこちら(PDF410KB)

当日の主な質疑について当センターの取りまとめた「都市農地活用Q&A」
を作成しました

 本講演会は、 都市農地の関係者をはじめとして幅広い層の方に 、 都市における貴重な資源である農地の役割と利用 ・ 保全のあり方を考える契機としていただくため 、 毎年 、 国土交通省が提唱する 「 土地月間 」 に併せて実施しているものです 。

  今回は、 昨今の生産緑地法等の改正や 、 都市農地の貸借円滑化法の成立など 、 都市農業 ・ 都市農地を取り巻く一連の法制度の改正等を踏まえた農空間の市民ニーズの拡がり等についてとりあげます 。 まず 、 国土交通省 、 農林水産省の担当官より新たな制度とその活用状況等の最新情報を提供いただきます 。 講演1では 、 「 都市農地市場の 〈 外 〉 にあることの価値 」 と題し 、 今後の都市農地 ・ 都市農業の展開について お話いただきます 。 講演2では 、 「 利用権の観点から農と住を考える 」 と題し 、 定期借地権について 実務の専門家 よりお話いただきます 。

多数の皆さまのご参加をお待ちしております。


フライヤー(PDF391KB)


■開催日時:令和2年11月10日(火) 13:15〜16:30(受付12:45〜)
■開催場所:東京ウィメンズプラザ B1階 ホール
     (東京都渋谷区神宮前5-53-67)(アクセス案内)(GoogleMap
■参加費用:無料(来場120名・オンライン500名・申込先着順)
 ※ソーシャルディスタンス確保のため、例年の半分以下の座席数としています
■講師及び講演テーマ
 情報提供「都市農業・都市農地をめぐる状況について」
    国土交通省都市局都市計画課
    農林水産省農村振興局農村政策部都市農村交流課都市農業室

 講演1「都市農地-市場の〈外〉にあることの価値」
   講師 岡部 明子 氏
         (東京大学大学院 新領域創成科学研究科教授)

 講演2「利用権の観点から農と住を考える」
   講師 大木 祐悟氏 (定期借地権推進協議会運営委員長)

○講演会の詳細・フライヤーは、こちらです(PDF391KB)。

主催:一般財団法人 都市農地活用支援センター
共催:定期借地権推進協議会
後援:国土交通省、全国農業協同組合中央会

令和元年度都市農地活用実践ゼミナール
「新しい都市農地制度の推進 −都市農地の保全と多面的活用」
約70名の参加を得て開催いたしました。
開催報告はこちら(PDF315KB)

 当センターでは、毎年、都市農地の保全・活用に関する最新の情報を提供し理解を深めていただくことを目的として、地方公共団体やJA、教育機関、民間企業などで都市農業振興・都市農地保全に携わっている方々を対象とした「都市農地活用実践ゼミナール」を開催しています。
 今回は、「新しい都市農地制度の推進 −都市農地の保全と多面的活用」と題し、都市農地関連の制度が改正され各地での対応・活用が進む中で明らかになってきた様々な課題を整理するとともに、新制度によって可能性が広がった都市農地の保全・活用に関する多様な取組み事例を紹介する予定です。
 多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

フライヤー(PDF959KB)

1.日時 令和2年2月18日(火)13:15〜16:30 (開場13:00)

2.会場 全水道会館大会議室(東京都文京区本郷1-4-1)
          (アクセス案内

3.テーマ及び内容
  『新しい都市農地制度の推進 −都市農地の保全と多面的活用』
 ■第1部 新制度を推進するために
  • Seminar 1 「新しい制度の活用状況と今後の取組み課題」
    (講師)都市農地活用支援センター・小谷俊哉主任研究員
 ■第2部 都市農地でできること 〜都市農地の活用事例
  • Seminar 2 市民によるレクリエーション利用
    「目黒の生産緑地で貸し農園
       〜都心に残る生産緑地の現状と課題
    (講師)有限会社一ツ木・宇津山裕和代表取締役

    Seminar 3 農福連携による農地活用
    「福祉が結ぶ民間企業と農業」〜農福連携の新しいかたち
    (講師)社会福祉法人無門福祉会・磯部竜太事務局長

    Seminar 4 地域住民のための防災利用
    「地域コミュニティと防災農地」
       〜災害時に農地が果たす役割と日頃の備え
    (講師)全国農業体験農園協会・加藤義松理事長
         都市農地活用支援センター・小谷主任研究員

    ※詳細はフライヤー(PDF959KB)をご覧ください
4.参加費
  • 4,000円(学生2,000円)
     事前のご入金をお願いしております。お申込みいただいた際、支払い方法をご案内します
主催 一般財団法人都市農地活用支援センター
後援 一般社団法人全国農業協同組合中央会

『新しい都市農地制度活用研修会』 (西日本地区)
〜新しい都市農地制度およびアドバイザー派遣事業の説明と活用について〜
約60名の参加を得て開催いたしました。
開催報告はこちら(PDF210KB)

 近年、市街化区域及び周辺の都市部における農業・農地は、農産物の生産だけでなく、景観・環境、交流、防災等、多様な機能を有し、良好な都市環境の形成に資するものとしても評価され、都市にあるべきものへと政策転換が図られました。これにより、地方公共団体による都市農業振興に係る計画作成や生産緑地制度の導入が推奨されるとともに、緑地としても定義づけられた農地は、みどりとしての役割も求められているところです(都市農業振興基本法、同基本計画、都市緑地法等)。
 こうした中、一般財団法人都市農地活用支援センターでは、都市農業の振興や都市農地の活用に関するセミナー開催、アドバイザー派遣等、調査研究や普及啓発事業に取り組んでいます。
 このたび、西日本地区の自治体担当者や農業関係者、専門家等を対象に、新しい都市農業・農地関連制度の活用に係る研修会および「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業の説明会を開催させていただくこととなりました。
 当日は、農林水産省、国土交通省の担当官や学識者等を交え、都市農業振興、都市農地制度に関する最新情報を紹介する予定です。また、終了後ご要望に応じて個別相談も実施いたします。
 参加は無料です。是非ご参加下さい。

フライヤー(PDF701KB)


■開催日時:2020(令和2)年2月7日(金)13:30〜16:30
■開催場所:アクロス福岡 7階 大会議室
   (福岡県福岡市中央区天神1-1-1)(アクセス案内)
■参加費用:無料(定員100名)
■内容
(13:30〜15:45)
 【第1部】 新しい都市農地制度活用研修会
  「都市農業の振興」、「都市農地の活用と保全」等をテーマに
  最新情報の紹介および講演等
 ・農林水産省からの情報提供
  (農林水産省 農村振興局 都市農村交流課 都市農業室担当官)
 ・国土交通省からの情報提供
   (国土交通省 都市局 都市計画課担当官)   
 ・学識者による講演
   柴田 祐氏 (熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 教授)

(16:00〜16:30)
 【第2部】 「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業説明会
  農住調和のまちづくり、市民農園、農福連携、食育、6次産業化、防災協力農地等の取組みを 支援するアドバイザー派遣事業の紹介

 ※終了後、希望される方には当センター担当者による個別相談をお受けします(17時まで)。

○講演会の詳細・フライヤーは、こちらです(PDF701KB)。

主催:一般財団法人 都市農地活用支援センター

定期講演会2019
『新しい都市農地制度の活用と展望』

約140名の参加を得て開催いたしました。
開催報告はこちら(PDF848KB)
 本講演会は、都市農地の関係者をはじめとして幅広い層の方に、都市における貴重な資源である農地の役割と利用・保全のあり方を考える契機としていただくため、毎年、国土交通省が提唱する「土地月間」に併せて実施しているものです。
 今回は、昨今の生産緑地法等の改正や、都市農地の貸借円滑化法の成立など、都市農地を取り巻く一連の法制度の改正を受けた現状の課題や今後の展望についてとりあげます。
 まず、国土交通省、農林水産省の担当官より新たな法制度等の活用状況等、最新の情報を提供いただきます。続く講演1では、今後の都市農地を活用したまちづくりの展開における新たな担い手像について、市民による都市農業への参画の視点から、専門家よりお話をいただきます。また講演2では、定期借地権の活用を含めた、今後の都市農地活用の展望について実務の専門家よりお話いただく予定です。
 多数の皆さまのご参加をお待ちしております

フライヤー(PDF826KB)

■開催日時:令和元年10月29日(火) 13:30〜16:30(受付13:10〜)
■開催場所:東京ウィメンズプラザ B1階 ホール
     (東京都渋谷区神宮前5-53-67)(アクセス案内)(GoogleMap
■参加費用:無料(定員200名・申込先着順)
■講師及び講演テーマ(予定)
 情報提供「新しい都市農地制度の活用状況等について」
     国土交通省都市局都市計画課
     農林水産省農村振興局農村政策部都市農村交流課都市農業室

 講演1「農業市民とまちづくり」
   講師 講師 小池 聡 氏
            (名城大学都市情報学部 教授)

 講演2「緑・農・住の新たな可能性 〜住宅事業者の視点から〜」
   講師 大木 祐悟氏 (定期借地権推進協議会運営委員長)

○講演会の詳細・フライヤーは、こちらです(PDF826KB)。

主催:一般財団法人 都市農地活用支援センター
共催:定期借地権推進協議会
後援:国土交通省、全国農業協同組合中央会

●本ページ掲載以前の講演会セミナー一覧は過去の講演会セミナーページにて掲載しております
研修・セミナー
過去の講演会・セミナー