パーソルサンクス株式会社 平成30年●月掲載
担い手育成 市民雇用・援農 レクリエーション
食育 高齢者の健康 福祉
交流 地産地消 環境
 

特例子会社(障害者雇用促進法)の農業分野への参入

  • 農業で「はたらいて、笑おう。」

取組みの概要

 障害者の雇用の促進等に関する法律により従業員45人以上の民間企業の事業主は雇用する労働者の2.2%以上の障害者を雇用するよう義務付けられているが、親会社との人的関係が緊密であるなど一定の要件を満たす場合は「特例子会社」として、障害者雇用に特別の配慮をした子会社を設立し、そこでの雇用者を親会社の雇用者とみなすことが認められている。


 耕作、収穫、加工等、様々な作業で構成され、自然の中に身を置くと共に地域との交流も図られる農業は、障害者の働くフィールドとして好ましいものであることから、特例子会社の農業分野への進出が期待されており、現在500を超える特例子会社がある中、40社程度が農業に取り組んでいる。

 農業関連の事業は総じて収益性が低いことが企業経営上の大きな課題となるが、特例子会社の場合、連結決算・連結納税において親会社との損益通算が行われること、農作物(加工品)の生産が親会社からの受託業務として発注されること等のメリットがある。


 パーソルサンクスは、1991年に設立され、特例子会社の中でも長い歴史を有する会社の一つであり、総合人材サービス、パーソルグループ(従業員総数約50,774名)の特例子会社で、従業員数は445名(内、障害者354名)である。

 生産物は地域活性化や観光資源として活用されることでグループ企業全体のCSR(企業の社会的責任)活動をアピールすることにも役立っている。


 同社の農業部門は、群馬県富岡市にある「とみおか繭工房」と神奈川県横須賀市にある「よこすか・みうら岬工房」である。

【とみおか繭工房】

 障害者雇用の促進を目指す自治体、次世代の担い手不足に悩む養蚕業界と連携した地方創生のプロジェクトであり、2017年6月旧市立妙義幼稚園を富岡市から賃借し、養蚕による繭の生産を行っているが、養蚕の農閑期にはこんにゃく農家や梅農家等、近隣農家の手伝いとして農作業を受託している。(2019年度、障害者従業員35、繭1.5t生産)

 今後は付加価値を高めるため、地元の伝統工芸である座繰りや機織りの技術を障害のある社員が習得し、シルク製品を制作し地元で販売させることで更なる地域活性化、観光資源化を目指している。また桑の枝を活用した桑和紙の制作開発にも取り組み商品化を進めることとしている。
  
資料提供 パーソルサンクス

【よこすか・みうら岬工房】

 2018年10月横須賀市に事務所開設

 横須賀市及び近隣を対象に、農家からの農作業受託を行っている。(〇圃場整備:草取り、マルチ張り、ハウス維持管理、果樹園維持管理等 〇定植:キャベツ・大根等の苗の定植、〇収穫・出荷調整:収穫、洗浄、梱包等 〇販売補助:農家経営の直売所の販売補助)

 指導スタッフ“農業ジョブコーチ”を通じて、農家とのコミュニケーションと信頼関係を構築すると共に、メンバー(障害のある社員)への的確な作業指導、安全・計画的・効率的な農作業コントロールを進めている。(2020年度、障害者従業員17名、契約農家10軒)
  
資料提供 パーソルサンクス

耕作地確保・営農主体など

 「とみおか繭工房」では、パーソルサンクス株式会社が、養蚕用の桑園32か所・総面積3.8ヘクタール、野菜農園10か所・総面積1.2ヘクタールを、利用権設定により賃借している。

 「よこすか・みうら岬工房」では、自ら農地の利用権を取得して農業経営を行う方式との比較検討を行い、農地保有コストや農作物販売責任の発生しない農作業受託方式を選択した。
 都市農業の機能発揮
福祉(障害者雇用)…
 「農福連携」は就労支援の福祉事業所と農家との直接的な連携で進められることが多い。
 それに比べ、特例子会社の場合、特別支援学校で農業実習を経験した一定レベル以上の障害者が対象とならざるを得ない面があるが、農家は委託料として最低賃金以上の金額を支払うことを前提としているため、戦力となる障害者を雇用している。その規模、社会的広がりを考えると今後の大きな可能性を秘めている。特に、パーソルグループのようなクライアントサービス・CSRアピールとして製品配布が可能な業種やスーパーマーケットグループなどからの参入が期待される。

担い手育成…
 「とみおか繭工房」のような、地域で失われつつある農業者に変わって担い手となるケースや「よこすか・みうら岬工房」のように農業経営する農家と役割分担・支援することにより地域の担い手づくりに寄与するケースがある。
 後者の場合、パーソルサンクスが進めている指導スタッフ“農業ジョブコーチ”のような存在が重要となる。

地産地消…
「とみおか繭工房」では、繭の生産にとどまらず、シルク製品の6次産業を展開し、地元での販売拡大を目指している。また地元の製糸工場、加工業者により製品化した商品はグループ会社を通じて配布し、CSRや営業等に役立てるという流れである。


団体概要
 団体名 パーソルサンクス株式会社
所在地 (本社)東京都豊島区東池袋3丁目1番地1号 サンシャイン60 2F
問い合わせ  TEL:03-6362-5781
メールアドレス: th-hpuketsuke@persol.co.jp
 ホームページ https://www.thanks.persol-group.co.jp/

△このページのトップに戻る

都市と農の共生
はじめに
事例紹介